人気記事
ラジオ英会話 レベル

ラジオ英会話のレベルは高校生英語のレベルです。

 

大学受験やTOEICの勉強などで、英語を真剣に勉強された経験がある社会人の方にはちょうどいいレベルになります。

ただし学び直しの初心者の方にはおすすめできる難易度ではありません。

ラジオ英会話よりも難易度を下げた基礎英語の方がおすすめです。

今回はラジオ英会話のレベル・難易度についてお話しします。

 

⇒【ラジオ英会話 無料ダウンロード方法

⇒【基礎英語とラジオ英会話3の違い

 

ラジオ英会話は、高校生の英語レベル

ラジオ英会話は高校生レベルの英語を扱います。

高校英語なので英語の基礎はできていることが前提で講座は進んでいきます。

よって基礎的な文法の知識や単語の解説はありません。

 

NHKレベル表

NHKが公式に出しているレベル表で、ラジオ英会話はB1レベルです。

B1レベルの目指すところは、以下の内容です。

B1レベル
  1. その言語が話される地域を旅行する間に起こり得るほとんどの状況に対応できる。
  2. よく知っている話題や、個人的に興味がある話題に関して、単純な文を繋げることができる。
  3. 経験、出来事、夢や希望、志について語り、自分の意見や計画に対する理由や説明を簡単に述べることができる。

 

少し分かりづらいですが、具体的にラジオ英会話の難易度は、基礎英語3(中3レベル)よりも上で、「高校生から始める現代英語(高校完成レベル)」よりも下です。

中学レベルを終えた方にぴったりの教材です。

中学レベルを終えてない初心者の方には到底おすすめできるものではありません。
普通に難しいです。

 

(テキスト)

 

⇒【ラジオ英会話の「中身・構成・長さ」を解説!

 

リスニングスピードも速い

ラジオ英会話のリスニングの音声は割と速めです。

高校生レベルなので普通の言われればそれまでですが、初心者の方は到底追いつけるレベルではありません。

「速すぎ...。全く何言ってるかわからない...」

音声が速いと感じたら、基礎英語3にレベルを落とすべきです。

わからない音声はいくら聞いたところでわかるようにはなりません。

もう一つレベルを下げた英文の読み込み具合が足りない証拠です。

 

コンセプトは「話すための英語」

高校生レベルの英語といえど、ラジオ英会話は受験を目的とした講座ではありません。

コンセプトは「話すための英語」です。

中学までで学習した英語(基礎英語)を、"英語の感覚"で扱えるようのを目的としています。
文法や用法を1から学びたい人には向いていません。

もっとも、英会話に特化した教材ではなく、現役高校生の方やTOEICの点数を上げたい方にも大いに役立ちます。

"英語の感覚"がなく、いつまでも日本語の感覚だけで学んでいると、絶対に理解できない場面にぶち当たります。

英語の感覚さえ掴んでしまえば、長文やリスニング、前置詞のルールなどがかなり楽になります。

 

 

 

社会人におすすめ

以上の点を踏まえ、ラジオ英会話は社会人の学び直しの方におすすめできます。

一番の理由は「話すための英語」を学ぶためにあります。

ラジオ英会話でも一応、文法や単語の使い方を学習します。

しかし普通の講座と違うのは、「ネイティブの感覚」に焦点を当てているとことです。

ネイティブが持っている意図を学びます。

だから実戦で英語を扱う社会人の方にこそ一番有効なのです。

ただ教科書を暗記するだけのテスト対策なら、そこまで入りません。

記号を覚えればいいわけですから。

 

「ネイティブの感覚」を学べば、英会話力はもちろん、英文読解力、前置詞・単語の記憶も圧倒いまに早まります。

講師の先生は「一億人の英文法」の著者なので、ネイティブの感覚をまじまじと学ぶことができます。

気になる方は一度、一億人の英文法を手にとってみることをおすすめします。

 

⇒【参考:一億人の英文法こそ最強の教材

 

 

初心者には難しい難易度の内容

社会人の方にオススメのラジオ英会話ですが、1から学習される場合は「基礎英語」からやるべきです。

ラジオ英会話はあくまで中学レベルの英語を終えた方を想定した難易度です。

英語の基礎である中学英語は取り扱いません。

そして英語を学び直すとなると、中学英語からやり直すことになります。

そうなったら、基礎英語3をやるべきです。

 

ラジオ英会話に比べて音声はゆっくりで、基礎的な解説も多く、懇切丁寧です。

ラジオ英会話に劣らずいい教材です。

順番としては基礎英語→ラジオ英会話の順です。

 

⇒【各シリーズのレベル・選び方(基礎英語)

⇒【何月号から始めるべき?(基礎英語)

 

大西先生の講座は全英語学習者に受けてほしい

ぜひラジオ英会話にトライしてみてください。

僕自身、ラジオ英会話講師の大西先生の大ファンです。

先生の講座は、学校の授業で習うようなつまらない英語ではありません。

「英語はこういうものだから、理屈抜きで覚えろ!」こんなことは一切ありません。

「ネイティブはこれを伝えたいから、これを使うんだよ」と全ての英語に理屈があること、そしてネイティブがどういう感覚で英語を話しているかを教えてくれます。

英語に対する見方が180度変わります。

 

僕は英語を学習されている方には、ぜひ大西先生の英語に触れて、英語人生を変えていただきたいです。

頑張ってください。応援しています!

 

⇒【ラジオ英会話 無料ダウンロード方法

⇒【"TOEIC860点"までに使った教材

⇒【基礎英語で"英会話力"も上がる理由

⇒【暗記・暗唱は必要ない!(ラジオ英会話)

⇒【効果的な勉強法(ラジオ英会話)

⇒【何月号から始めるべき?(ラジオ英会話)

おすすめの記事