人気記事
実践ビジネス英語だけでペラペラは無理。【瞬間英作文】と組み合わせて英会話力を上げるのが効果的。

実践ビジネス英語だけでは英会話はできるようにはなりません。
実際いい教材なのは間違いありません。英語力は確実に上がります。

ただ英会話にはまた別の力を上げる必要があります。

英会話力が上がるのに悩んでいる人は、一緒に「瞬間英作文」もやってください。

これで英会話力が一気につきます。
実践ビジネス英語で学習できるくらい英語の下地レベルは高いので、瞬間英作文をやればすぐに話せるようになります。

今回は実践ビジネス英語だけでは話せるようにはならない理由を解説します。

英会話力は別の能力。話せるようにならない理由。

「実践ビジネス英語は意味のない教材だ!」ということではありません。
でも実践ビジネス英語を何回やりこんだところで、口からペラペラ英語が出てくるようにはなりません。

同様に、せっかく手に入れた表現をさらっと言えるようにもなりません。

実践ビジネス英語はインプットの教材

実践ビジネス英語はあくまでインプットの教材なのです。
僕が推している「音読勉強法」もインプットの勉強法です。

音読を繰り返すことで単語力や文法力、リスニング力は確実にアップしますが、唯一アウトプット力はまた別のトレーニングがいるのです。

それが瞬間英作文なんです。

 

瞬間英作文でアウトプットの力をつける

瞬間英作文で鍛えるのは「アウトプットの力」です。
ではそのアウトプットの力とは何か。

それは、「英文を瞬時に作成する力」です。

 

「私は腹が減ったので、あのリンゴを食べたいです。」この文を一秒で英語にできるでしょうか。
これがアウトプット力です。考えているようでは、話せるレベルとは言えません。

瞬時にパッと言える(英文を作れる)力が必要なのです。

瞬間英作文では、その力を鍛えます。

 

実践ビジネス英語で単語や表現の仕方、教養は身についています。
あとはそれらを瞬時に出力できるようにするだけなので、そこまで労力は要りません!

 

⇒【参考:高学歴なのに話せない理由

 

瞬間英作文と実践ビジネス英語を組み合わせる

実践ビジネス英語と並行して進めてほしい「瞬間英作文」という教材を紹介します。
瞬間英作文自体は、どの教材、もっと言うと日本語さえあればどこでもできますが、教材を利用するのが一番早いです。

おすすめを2つ紹介します。

瞬間英作文

一つは瞬間英作文です。これは手軽にできる優れた教材です。
実際に中身を見てもらったほうが早いですね。

中身は下のようになっています。
左ページに日本語、右ページに英語の回答が書いてあります。

 

やり方は簡単で、左ページの日本語を見て、瞬時に英語を考え発声し、右ページの答えで確認します。
これをポンポンやっていく教材です。

画像に書いてあるような簡単な日本語でOKです。
こんな簡単な日本語でさえ、ポンポンできないはずです。

英語が話せない理由は、このような瞬時に出力する「アウトプット力」が欠けているからです。

 

⇒【参考:瞬間英作文についてまとめてみた

 

NHKラジオ講座でいうと、「英会話タイムトライアル」

瞬間英作文はどの教材でもできるので、何かにこだわる必要はありません。
NHKラジオ講座でいうと、「英会話タイムトライアル」がおすすめです。

これも瞬間英作文トレーニングができる教材です。

中学レベルの単語で、ガンガン日本語を英語に変えていくトレーニングをしていきます。

次のページに答えが書いてあります。

 

とにかく、瞬間英作文は日本語さえあればできるトレーニングです。

 

 

 

実践ビジネス英語と瞬間英作文を並行して進めてみてください。
そもそもの英語力はかなり高いはずなので、簡単な英語を瞬間英作文できるようになるだけで、すぐに話せるようになります。

それでは頑張ってください!

【関連記事】

おすすめの記事