人気記事
【英検にも効果あり!】基礎英語1,2,3のレベルと難易度。合格するために選ぶべき教材。

基礎英語は英検対策にも十分使える教材です。

厳密には英検対策のために基礎英語やり込むというより、基礎英語を頑張っていれば自然と英検を獲得できるという感じです。

 

特別英検対策をしなくても、普段から基礎英語をやっていれば英検は楽に取れます。

小学生から社会人まで、全英語学習者にオススメな基礎英語。

 

具体的な目安は以下の通り。

基礎英語1:英検4〜5級

基礎英語2:英検3〜4級

基礎英語3:英検3〜準2級

 

NHK基礎英語シリーズで最高英検準2級まで目指すことができます。

今回は英検との相性について解説します。

 

⇒【基礎英語でTOEIC700点取る方法

⇒【効果2倍!基礎英語の勉強法

 

基礎英語は英検にも効果がある

自然と英検対策になる基礎英語

NHK基礎英語講座は、英検対策用の教材ではありません。

世の中には英検対策に特化した教材がたくさんありますが、基礎英語はそれらの教材とは違います。

 

英語の基礎を身につける教材です。

よって基礎英語では、単純に英語力の向上を図れます。

 

基礎英語で狙うのは、「英語力を向上させた結果、英検にも受かる」というとても健全なやり方です。

「英検対策だー!」と気合を入れた学習は、なかなか楽しいものではありません。

英語は本来学ぶだけで楽しいもの。

 

そしてあくまで英検は英語力を図る・保証するツールです。

英語力を上げれば自然と獲得できます。

その上でNHK基礎英語講座は、英語力を上げるのにベストな教材なので、英検を取るのにも十分適しています。

 

小学生から社会人の方まで対応した教材

基礎英語シリーズは英検にも十分効果があります。

英検は5級から1級まであり、5級クラスは小学生の方も受けるはず。

がっつり英語を勉強したい社会人の方はもちろん、小学生の方も基礎英語は十分学べる教材です。

なかなか小学生・中学の方でも楽しめる教材は少ないです。

NHK基礎英語は、その辺も配慮されており、楽しみながら学習できる教材です。

 

⇒【基礎英語シリーズのレベル・選び方

 

英検と選ぶべき基礎英語 相対表

NHKが公式で出している早見表があります。

わかりやすく表すと以下のようになります。

基礎英語1:英検4〜5級

基礎英語2:英検3〜4級

基礎英語3:英検3〜準2級

 

基礎英語シリーズをやり込めば、最高で英検準2級まで目指せます。

英検4級、5級を取りたい方は基礎英語1に取り組めばOKです。

 

⇒【基礎英語は何月号から始めるべき?

 

英検対策本よりも優秀な基礎英語

英検対策の本よりも基礎英語の方がよほど教材として優秀です。

確かに最速で合格するためなら、英検対策本を買ってゴリゴリやるのが一番でしょう。

しかしそれで継続できる方、英語が身につく方は稀です。

英語が元々苦手な方なら尚更です。

英検対策本より基礎英語がオススメ理由は、

・基礎英語はレッスンで分けられていて続けやすい
・基礎英語は内容が面白いから続けやすい

以上の2点です。

 

レッスンが分けれていて続けやすい

まず基礎英語の勉強量は、1レッスン15分ほどで終わります。

毎日1レッスンずつ進めていくのが、コツコツ続けていくことができます。

毎日やるべき量がすでに決められているので、大変続けやすいシステムです。

量も多くすぎず少なすぎずといった感じで、初学者にも優しい仕様になっています。

 

ストーリーがあって面白い

登場人物にはキャラがあり、毎日ストーリーが進んでいくので楽しいです。

英検本は簡素な淡々としたものが多いです。

ストーリーがある方が、イメージもしやすいし、習慣化にも適しています。

 

純粋に物語が気になるモチベーションで継続できるのもグッドです。

英語学習は継続が命です。

 

なんとしてでもより続けやすい教材を選ぶことが一番重要です。

英検も一朝一夕で合格できるものではありません。

だからこそ、より継続しやすい基礎英語をオススメします。

 

NHK基礎英語と英検の相性については以上です。

 

まずは基礎英語で英語力を上げることを目的としましょう。

その先に結果として、英検合格があります。

まずは毎日続けられる教材を見つけること、そして英語力の強化が先決です!

 

⇒【TOEICと基礎英語の相性

⇒【効果2倍!基礎英語の"音読"勉強法

⇒【基礎英語 3冊同時に進めるのが最強

⇒【基礎英語シリーズのレベル・選び方

おすすめの記事